プリウス 賢い買い替え

MENU

プリウスは高く売って、安く買い替え!

プリウスを手放して新しい違う車を購入するには、何はなくとも現在乗っているプリウスを現金化することから始まります。
今の乗っている車を現金化するには一般的に2つの方法があり、1つは新車購入時にディーラーで下取りをしてもらい、間接的に現金化する方法と、ディーラーとは全く関係のない買取店で車を売却してその売却益を現金として手に入れるというものです。
どちらが効率がいいかというとそれはその人の価値観によるものとなりますが、時間や手間をかけたくないといった方であれば下取りがいいでしょう。

 

下取りは特にどこかへ出向くわけでもなく、新車を購入するディーラーですべてが完結する形となりますので、新車の登録のために必要な書類を集める時に下取りのための名義変更手続きに使う書類をついでにとって来れば、あとはディーラーのお店の中にある椅子に座っていればすべてが済みます。
ただ、下取りとなると下取り車となるプリウスの価値が低くなり、下取り金額が低くなることが予想されますが、プリウスの場合は思いのほか下取り金額も高く、買取金額と比べても思ったほど安い下取り金額になることがないようです。
これはプリウス特有の傾向であって、普通の車ではありえないことです。

 

プリウス以外の車であれば、下取り金額と買取店の買取金額では雲泥の差を生むことになり、よほど下取りでなければならない状況以外は絶対に買取店での買取をおすすめすることになりますが、一種独特の需要形態を持つプリウスでは必ずしもそれだけが最善とは言えないのです。
一方、少しでも出費を抑えたいとか自動車ローンの毎月の支払額を少なくしたいなどの、とにかく金銭的な面を有利に働かせたいというのであれば、やっぱり買取店での買取がいいでしょう。

 

下取りと違って全く別のところでやり取りをしなければならず、時間も手間も少々かかってしまいますが、それだけいろいろやっただけのメリットはあり、下取りに出した時の下取り金額よりはるかに高い価値となるのです。
買取店で高い買取金額で買い取ってもらって、その現金を握ってディーラーに赴けばいいのです。
事実上、下取り車なしということで次の車の値引き交渉がやや鈍化する傾向となってしまいますが、値引きが渋くなってもそれよりも買取金額が下取り金額より高くなるので全く損はないと思います。
基本的には買取店で買い取ってもらって、そのお金を頭金にするなり、購入資金の一部にするなりした方がいいとおもわれます。